ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)

晴海エリアに誕生する圧倒的存在感[ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)]誕生です。地上52階建ての免震ツインタワー誕生です。

都心にありながら水と緑に囲まれた別天地に誕生しました。

山手線「新橋」駅直通シャトルバスを運行(予定)。

2つのスパや43階ビューラウンジなど多彩な共用施設も魅力的です。 (グランドエントランス)
緊張感のある都市の時間から、ゆるやかで静謐な私邸での時間へ導くグランドエントランス。ワイド約10mをガラス張りとしたグランドエントランスは、最大約3.2mの高さを確保するとともに、床や壁に天然石をレイアウトし、プロジェクトの「顔」に相応しい表情を創造しています。グランドエントランスから始まるドラマチックなシーンが、日常を感動で満たしてくれます。

(エントランスホール)
別世界への入口の先。目の前に広がる、天井高最大約10m・二層吹抜の贅を尽くした空間は、美術館やホテルを彷彿とさせます。2階のグランドロビーへと続くアプローチには、エスカレーターを設え、「公」から「私」へ、自然と気持ちが切り替わっていく設計を採用しています。圧倒的なスケールのグランドエントランスホールが、住まう方のステイタスを誇らしく迎えます。

(ロビー)
夜も美しい建築であることを目指した「DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)」。グランドロビーは、光の演出を施され、ホテルのラウンジのような上質な空気感が漂います。夜空に浮かぶ星のようなダウンライトや、柔らかな光を放つ間接照明が優しく空間を包み込み、落ち着いた雰囲気を演出しています。昼間とは異なる空間美に、ゆっくりと癒されていきます。

(共用施設)
スカイデッキ、ブックサロン、パーティラウンジ、オーナーズスイート、フィットネスジム、ペアレンツサロン&キッズルーム、DRY&SPAとSTERM&SPA

ブリリア学芸大学

ブリリア学芸大学
ブリリア学芸大学

人気のエリア目黒区五本木に建つ高級賃貸マンション【ブリリア学芸大学 】です。

東急東横線学芸大学駅より徒歩4分圏内になります。

駅から歩いて近いため、朝の通勤通学や夜の帰宅などスムーズに移動可能です。

近隣にはコンビニやスーパーをはじめ様々なお店が集中している商店街があります。

生活に必要なものは全て駅周辺で揃えることができるため、生活環境良好です。

少し歩くと駒沢オリンピック公園や碑文谷公園など緑豊かな自然を感じることができます。

駒沢オリンピック公園ではオクトーバーフェスといったイベントもやっているためとても生き抜きに最適な環境です。

ブリリア学芸大学の外観は木製ルーパーによる緑と調和しデザイン性に優れており、駒沢通りの街並みなじんでいます。

エントランスホールにはテラスラウンジがあります。

ラウンジでゆったりくつろげたり、待ち合わせに際に利用することができます。

お部屋の設備にはミストサウナ、システムキッチン、浄水器、食洗機、追焚き機能付きバス、床暖房、温水洗浄便座などの高級分譲マンションならではの充実した設備が整っております。

住まう方々の毎日の生活を快適にサポート致します。

ラナイヘリテイジ

ラナイヘリテイジ


閑静な住宅街エリア用賀に建つ高級デザイナーズマンション【LANAI HERITAGE】です。

東急田園都市線洋用賀駅より徒歩7分。


外観はまるで西洋を思わせるような出で建ちで共用部に入ると豪華なホテルに来たような気持ちになります。
さらに、光と風に彩られた空間を演出している「アクアガーデン」が最大の魅力です。都会の喧騒から離れたゆったりとしたリゾート空間です。
時間を忘れリラックスできる最高の安らぎを与えてくれます。

都心に行きやすく朝の通勤通学や夜の帰宅時などスムーズに移動可能です。利便性に優れた立地に位置します。

近隣には桜町高等学校や三田国際学園の学校があり、高校生が多く行き交います。地域の住人の目が行き届いており治安はとてもいいです。

また、用賀駅方面に歩いてくとビックカメラやコンビに、スーパーなどの生活に欠かせないものは全て揃えることができ生活環境良好です。

高級マンションならではの充実した設備が備えられて居住者の生活を快適にサポート致します。

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_25_132701448763086.jpg

用賀商店街

コンフォリア渋谷ウエスト

コンフォリア渋谷ウエスト

 

人気のエリア目黒区青葉台4丁目に建つ高級マンションシリーズ【コンフォリア渋谷WEST】です。

コンフォリア渋谷WESTは道玄坂をあがると見えてきます。
渋谷駅まで徒歩9分圏内です。渋谷勤務の方はもちろん、朝の通勤通学や夜の帰宅などスムーズに移動可能です。

都会の風通しを一身に受け満足の行くライフスタイルをお過ごしいただけます。
また、1K・ワンルーム・1LDK・2LDKの間取りを取り揃えており、1K・ワンルームを中心とした住戸でコンパクトで開放感溢れる構造になっています。

高級マンションシリーズならではの充実した設備が整っておりますので、毎日の快適な生活をサポート致します。

 

【外観】

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_1_131931447317532.jpg

【マンションの下にファミリーマート】

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_4_131931447317532.jpg

【広々としたお部屋】

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_12_131931447317532.jpg

【収納豊富なシステムキッチン】

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_20_131931447317532.jpg

【おしゃれなバス】

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_22_131931447317532.jpg

【洗面台付きトイレ】

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_23_131931447317532.jpg

 

【チョー広いバルコニー】

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_27_131931447317532.jpg

 

 

新 宿、池袋と並ぶ3大副都心の一つであり、山手線のターミナル駅を中心とした繁華街が形成されている。若者の街として知られ、「西武百貨店」・「東急百貨 店」・「パルコ」・「109」などのデパートや専門店・飲食店などが立ち並ぶ。渋谷駅前には忠犬ハチ公の銅像があり、そのすぐ向かいはスクランブル交差点 となっている。かつては歩行者天国を行っていたが、2002年12月28日をもって廃止となった。

渋谷は街路が放射線状に広がり、更に坂や一方通行の小道が多い事から道路拡張は困難で、それら諸般の事情により開発業者は敬遠し、結果として新宿、池袋に比べ街の発展が遅れをとる事となった。

1973年(昭和48年)に渋谷パルコが開店してから若者が多く集まるようになり、1975年(昭和50年)以降は新宿に代わる流行の発信地となった。

渋谷区ホームページ

プレシス八丁堀リバーフロント 

プレシス八丁堀リバーフロント

人気のエリア八丁堀に建つ新築高級分譲マンション【プレシス八丁堀リバーフロント】です。
八丁堀駅より徒歩6分です。
朝の通勤通学や夜の帰宅などスムーズに移動可能です。

リバーフロントと言う名前の通りリバービューが売りのレジデンスです。隅田川のとの間に建物を挟み東の中央大橋から南東方向にかけて開放感溢れる構造になっています。

建物内はホテルライクな内廊下を使用して高級感を演出しています。
また、食洗機がついており、水周りは天板や天然大理石を使用しています。
高級マンションならではの充実した設備が整っておりますので毎日の生活を快適にお過ごしいただけます。

 

 

ラピス青山

ラピス青山

人気のエリア港区南青山に建つ新築デザイナーズマンション【ラピス青山】です。
東京メトロ銀座線(青山一丁目駅)4分です。朝の通勤通学や夜の帰宅などスムーズに移動可能です。

大通りから奥に入ったところに位置し車の音などの騒音は気になりません

南青山は、東京都港区にある地名。現行行政町名で南青山一丁目から南青山七丁目までが設置されている。赤坂地区総合支所管内に属する地域である。

現在の東京で「青山 (東京都港区)」と呼ばれる町域のうち、青山通りの北側が北青山であるのに対して、南側が南青山となっている。1966年(昭和41年)に住居表示が施行される以前の赤坂青山南町1丁目から6丁目と赤坂青山高樹町が現在の南青山となった。

「南青山インフォ」|表参道・南青山のショップ、

マストライフ虎ノ門

マストライフ虎ノ門

人気のエリア虎ノ門に建つ高級賃貸マンション【マストライフ虎ノ門】です。
3駅3沿線の通勤通学に大変便利な立地に位置しております。
充実した都市生活可能な好ロケーションです。

港区の北部、芝地域(旧芝区)の北端部に位置する。

虎ノ門の碑(2010年6月6日)

「虎 ノ門」とは江戸城の南端(現在の虎ノ門交差点附近)にあった門の名前であり、明治6年(1874年)に門が撤去された後もその近隣地域の俗称として使われ 続け、交差点名や都電・地下鉄銀座線の駅名となった。虎ノ門の名が地名に初めて採用されたのは昭和24年(1949年)になってからである。

現在の虎ノ門は、昭和52年(1977年)の住居表示実施により芝西久保地区・芝神谷町などを中心に新しく成立した町である。町名を決定する際に、港区は西久保や神谷町とせず、戦前から交差点名・地下鉄の駅名として知られていた虎ノ門の名を採用した。

虎ノ門駅|東京メトロ

ラティオ南青山

ラティオ南青山

 

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_1_13169.jpg

不動産と動産の区別あるいはその歴史は時代や地域によって制度や法制が大きく異なっており、今日でも法体系によって多少の違いが存在している。

動産は原始時代に個々の人類が自己の所持物を他者のそれと分けるようになってから存在し続けていたと考えられているが、土地のような不動産が所有の対象となるのは、限られた土地の上に社会・国家が成立した後であり、しかも当初は社会・国家を構成する特定の人々による共同所有であった。ローマ法による動産と不動産の区分はビザンツ帝国期から成立していたが、法律上の扱いに大きな差異は見られない。また、建物は土地と一体化したものと考えられており、今日のドイツやスイスの民法にその名残が存在する。また、フランスでは土地を「天然の不動産」、建物を「性質の不動産」として後者は前者の存在を前提として成立するものとしている。一方、ゲルマン法では早くから動産と不動産の法的扱いの違いの差異が生じており、ローマ法とゲルマン法の動産・不動産観念は今日の欧米や日本の民事法に強く影響を与えている。

古代日本においては動産は「もの」、不動産は「ところ」と称せられ、律令制の頃には前者は「資財」「財物」、後者は「田宅」「所領」などと称されるようになった。田宅とは土地を生産・収益の根源とみなすところから来た呼称であり、中世には「知行」、近世には「石高」がこれに代わる概念として現れることとなった。江戸時代には家屋や蔵などが土地から分離して売買や貸借の対象となっていった。もっとも、こうした区別は当時の法制や法慣習を近代的な法概念に当てはめたものであり、当時の法意識は「生産財」か「消費財」かという概念の法が重要視されていたという説もある。また、古代から近世末期まで「奴婢」「下人」など、人間でありながら動産として扱われてきた人々がいることも忘れてはならない。

更に前近代においては所有の概念の違いも時代や地域によって異なり、国制・身分に基づく所有の制約が存在した。例えば、日本においては所有の観念が今日と大きく異なっていた。土地を開墾した人(「草分け」)や財物を所持し続けた人と当該財産の関係は単なる所有の主体と客体ではなく一種の呪術的な関係があり、仏物(ぶつもつ)・神物(しんもつ)・人物(じんもつ)などと言った、本主(本来所有すべき所有者)に基づく財産の区分が存在し、本主のみが正当な所有者で他の区分あるいは人物に売買や譲渡が行われたとしても相手は正当な所有者ではないため、いつかは本来あるべき姿(本主が当該財産を所有する状態)に回復されなければならないとする法観念が広く存在していた。そのため、中世の日本において、合法的な売買・譲渡が行われた土地が無償で本主に返還されるという徳政令や寺社興行法のような今日の観念では非常識・反社会的な法令が行われたのも、本主が所有されるべきものが所有されていないことの方がより問題視されていたからだと言われている

社団法人全日本不動産協会

ラ・トゥール新宿ガーデン

ラ・トゥール新宿ガーデン

 

ラ・トゥール新宿ガーデン
2016年03月完成予定
2015年11月募集開始予定

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_1_131981444697406.jpg
人気のエリア高田馬場、戸山公園に隣接する大規模再開発エリアに誕生する高級賃貸タワーマンション【ラ・トゥール新宿ガーデン】です。建物敷地内には住 居・事務所・多目的ホール棟・生活利便施設棟など多くの施設があります。戸山公園の豊かな緑と先進の都市機能が調和する環境です。

住居と事務所が一体となった大規模マンションで、地上約100メートル超えの高層階フロアが住居フロアとなっています。室内からは都心の眺望を望むことが でき開放感溢れる室内になっています。1Kから3LDKとシングルからファミリーまで様々なライフスタイルに対応し豊富な住戸プランを揃えています。
住まう人、訪れる人に最高のおもてなしをします。

 

多くの大学・専門学校・予備校が集まっており、全国屈指の学生街を形成している。

JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線が高田馬場駅に乗り入れ、新宿駅・池袋駅・大手町駅へのアクセスも良好である。

他の学生街同様、飲食店は総じて低価格であり、近年では駅周辺から西早稲田方面にかけての一帯がラーメン激戦区として知られている。

また、在日ミャンマー人が多く住んでおり、「リトル・ヤンゴン」と呼ばれる日本最大のミャンマー人コミュニティを形成している。

例年10月中旬に「大高田馬場祭り」が行われ(2007年は開催中止)、サンバチームが招かれるなど、大勢の観客で賑わいを見せる。

2005年頃からは、秋葉原(千代田区)・池袋(豊島区)と並んでクリエイターブームの発祥地となっている。

2004年頃、名物として鱧が取り上げられた。

 

馬場の名の由来

1636年、徳川三代将軍家光により旗本達の馬術の訓練や流鏑馬などのための馬場が造営された。

一説に、この地が家康の六男で越後高田藩主だった松平忠輝の生母、高田殿(茶阿局)の遊覧地(景色のよい遠望を楽しむために庭園を開いた所)であったことから、高田の名をとって高田馬場としたとする。だが、それ以前に、この一帯が高台である地形から俗称として高田とも呼ばれた。

 

高田馬場駅|東京メトロ

 

 

シティハウス用賀一丁目

シティハウス用賀一丁目

 

世田谷の閑静な住宅街と都心の華やぎが連動する地に建つ高級シリーズマンション【シティハウス用賀一丁目】です。

物件は用賀一丁目の高台に位置し低層に相応しい伸びやかで洗練されたデザインになっています。
シンプルであり、凛とした気品を兼ね備えた真正な工夫をめぐらしています。
外観は質感、落ち着いた色合いを兼ね備えた優雅さを演出する「2種類のボーダータイル」を採用しています。
豊かな建築美を構成する高級素材が建物に豊かな表情と優美な趣を与えます。

また、室内設備や共用設備も安心安全快適さを充実しさえるためにありとあらゆる工夫を凝らしています。
毎日の生活を快適にお過ごしいただけます。

http://residence-shibuheya.com/upload/image/article_2_13187.jpg

 

用賀は東京都世田谷区の地名・町名である。東急田園都市線の用賀駅を中心とした地域をいい、住居表示実施前の旧・用賀は住居表示実施後の用賀と上用賀、玉川台、瀬田の一部、砧公園の一部に該当する。

地名の由来として、この地にある眞福寺の山号瑜伽山(ゆがさん)の「瑜伽」が「用賀」に転じたとする説がある

 

用賀ネット〜用賀地区の歴史・文化・地域情報など〜